見出し画像

システム管理者の皆さんへ感謝の気持ちを!!「第18回システム管理者感謝の日イベント」開催します🎉

皆さん、こんにちは。
システム管理者の会 事務局です。

来る7月10日(水)、14時から「第18回システム管理者感謝の日イベント」を開催します。
そこで今回は、イベントの概要に関して情報をお届けします!

その前に、そもそも「システム管理者の会」とは?
という方もいると思いますので、まずは自己紹介から。


システム管理者の会とは

シンボルロゴ:エンター君

システム管理者の会は、
個人会員19,000名以上、賛同企業400社以上日本最大規模のシステム管理者のネットワークです。
システム管理に携わる方を対象に、生き生きと働ける環境づくりと、幅広い知識や技術力の習得を支援しています。

主な活動とては、

  • スキルアップ・知識習得の支援として【システム管理者認定講座】

  • 情報交換・交流機会の提供として【システム管理者感謝の日イベント】や各種セミナーイベント

  • 感謝の気持ちを広める活動として【システム管理者アワード】

などの情報を発信しています📣

「システム管理者の会」の設立に関しては、過去にnoteで紹介していますので、まだお読みでない方はぜひご覧ください。

おかげさまで、当会は年々、「個人会員」の登録数や当会の活動に賛同していただける「賛同企業」が増加しています!

続いて、「システム管理者感謝の日」についても紹介したいと思います。


「システム管理者感謝の日」とは、システム管理者に感謝の意を表する日

「システム管理者感謝の日」とは、
アメリカ・シカゴのソフトウェア会社で働いていたTed Kekatos氏が提唱した記念日であり、毎年7月の最終金曜日に祝われます。
この日は、ITのシステム管理者に対して、彼らの日々の努力と貢献に感謝の意を表する日です。

英語表記は「System Administrator Appreciation Day」、略称は「Sysadmin Day」「SAD」で、最初のシステム管理者感謝デー(Sysadmin Day)は、アメリカのシカゴで2000年7月28日(金)に行われました。

Kekatos氏は、とある雑誌広告を見たのがキッカケで、この特別な日を創設しました。

ヒューレット・パッカード(以下、HP)が掲載したその雑誌広告には、キューブの中に座っているシステム管理者が映っており、彼の立方体の外には、フルーツバスケットや花を持った利用者の列がありました💐

彼はその広告を破って同僚に見せました。
「これはすごい!システム管理者がユーザーから花やフルーツやワインを貰っているんだ!」と。

HPの当時の最新モデルである「HP LaserJet 4000プリンタ」の広告ですが、同じモデルを職場に数台設置したところでした。

Kekatos氏が、「新しいプリンタの導入に成功したシステム管理者が、他の社員たちの感謝のプレゼント攻めにあう」というHPの広告を見て思いついたもので、
「日ごろ、ほとんど敬意を払われていないシステム管理者に対し、そのシステムの利用者たちがプレゼントを贈るなどをして感謝の意を表する日」
としています。

当時Kekatos氏の勤めていた会社では、毎年7月にオフィスビルの近くにあった木陰のある池のほとりで、社員が食料やBBQセットを持ち寄り、ピクニックを開催していました。

2000年7月の最終金曜日に行われたピクニックが、最初のシステム管理者感謝の日のパーティーとなりました。

その後、7月の最終金曜日がシステム管理者感謝デーとして登録され、全世界に広まっています!

日本では、ビーエスピー(ユニリタの前身)が、日本での記念日申請を行い、その普及活動を開始し、2007年7月27日(金)に最初の「システム管理者感謝の日イベント」を開催しました。

「システム管理者の会」が主催するイベントの中で、年一度の最大のモノが今年も7月に開催できるようになりました。

「システム管理者感謝の日イベント」とは

2006年からユニリタグループ(旧BSPグループ)による「システム管理者感謝の日」の推進活動を開始し、毎年7月にイベントを開催しています🎉

「システム管理者感謝の日」イベントでは、
賛同企業を中心に、システム管理者やサービスマネージャーの方にお集まりいただき、スキルアップなどに役立つ講演や、日頃からの感謝の気持ちを伝えたり、活躍を紹介し、その功労を表彰する活動「システム管理者アワード」を紹介しています。

「第18回システム管理者感謝の日イベント」開催!

無料で参加できるイベントですので、内容をご覧いただき、ご興味がありましたらぜひご参加ください!
↓↓詳細な情報や申し込みはこちらをご覧ください。

■ 7月10日(水)第18回「システム管理者感謝の日イベント」開催

今年も昨年同様に大手町日経ホールで開催します。イベント終了後には来場者様の中から抽選で懇親会にご招待します。
また、インターネットによるライブ配信も実施します。
※スケジュールおよびセッション内容は、予告なしに変更になる場合があります。

■ 今回のイベントテーマ

AI技術の進歩は、人々の未来を大きく変革させ始めており、ドキュメント生成に始まり、自動化による業務効率化、個別ニーズに合わせた迅速な対応など、AIは多方面で人々の支援をしています。

今後は、AIを活用したデータ分析に基づいて、顧客の潜在ニーズを掘り起こし、先回りした提案を行うことが可能になる。また、顧客とのコミュニケーションを自動化することで、サービスマネージャーはより付加価値の高い業務に集中できるようになり、戦略的かつ創造的な業務へとシフトしていくことが求められると思います。

本イベントでは、サービスマネージャーがこのAI時代に何をすべきか、どのように価値を高めてサービスを提供し続けるのかを考えるキッカケをご紹介いたします。

■ 開催概要

・日  時:7月10日(水)14:00~17:30
・会  場:日経ホール(〒100-8066 東京都千代田区大手町1-3-7)
・対  象:ITシステム管理(システム運用・開発)やサービスマネジメント に携わる方、またITシステム管理(システム運用・開発)やサー ビスマネジメントを学びたい方
・費  用:無料

■ 登壇者

・石井 大地 氏(株式会社グラファー 代表取締役)
・花田 琢也 氏(日揮ホールディングス株式会社 専務執行役員 CHRO)
・藤原 達哉 氏(株式会社ユニリタ 取締役 常務執行役員 サービスマネジメント本部長 兼 株式会社ビーエスピーソリューションズ 代表取締役社長)

本イベントでは、「システム管理者アワード」も発表します!

<「システム管理者アワード」について>
ITシステムを支える方々に感謝の気持ちを伝えたり、活躍を紹介し、その功労を表彰する活動を募集し情報発信をしています。

詳細:https://www.sysadmingroup.jp/award/

NSW株式会社ほか、複数社の登壇を予定しています。
各社の事例を知る絶好の機会です!

どんなイベントなのか、興味関心のお持ちの方は、昨年の開催模様を動画で紹介していますので、こちらも参考にされてはいかがでしょうか。
↓↓
第17回システム管理者の会 感謝の日イベント
もう、システム管理者なしではビジネスできない~No Administrators, No Business.~
※動画のご視聴については、事前の個人会員登録が必要となります。


さいごまでお読みいただきありがとうございました。

リアル会場もしくは、オンライン配信のいずれかで皆さんと同じ時間を共有できる日を楽しみにしています!

↓↓じょうほう君のLINEスタンプもぜひチェックしてみてください!
https://store.line.me/stickershop/product/1272150/ja?utm_source=gnsh_stickerDetail


この記事が参加している募集

#企業のnote

with note pro

12,975件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!